いまやラーメン激戦区となった秋葉原。多くの有名ラーメン店が参戦し、食の選択肢が昔に比べ大幅に増えたのだが、そんな秋葉原でも常に行列をつくる人気ラーメン店「麺処ほん田」がある。以下、麺処ほん田 秋葉原本店について

- advertisement -

- advertisement -

目次

麺処ほん田

麺処ほん田は、東十条で連日行列をつくる有名ラーメン店。そのほん田が秋葉原に移転オープンすることになった。

秋葉原オープン前に訪れた東十条の麺処ほん田。JR東十条駅からお店へ向かう。駅周辺は静かなところであったが、ほん田のお店の周辺だけ異様にひとがにぎわい、うわさ通り行列ができていた。

東十条ラーメンの旅でいただいた醤油ラーメン。行列も納得の旨さで、はるばる秋葉原から東十条まで来たかいがあった。

そんな麺処ほん田であったが、2020年4月15日に秋葉原本店をオープン。

平日であり、オープン当日の告知であったにもかかわらず、たくさんのかたたちがならび長い行列をつくっていた。

(更にいうとこのときはコロナ禍であり、街からひとがいなくなっている状態にもかかわらずであった)

メニュー

店内の券売機。メインは醤油、塩、それぞれラーメンとつけ麺、汁無し担々麺

ラーメン、つけ麺

  • 醤油
    • 特製醤油 – 1,500円
    • 味玉醤油 – 1,250円
    • 醤油 – 1,100円
  • 醤油つけ
    • 特製醤油つけ – 1,600円
    • 味玉醤油つけ – 1,350円
    • 醤油つけ – 1,200円
    • 特製塩 – 1,500円
    • 味玉塩 – 1,250円
    • 塩 – 1,100円
  • 塩つけ
    • 特製塩つけ – 1,600円
    • 味玉塩つけ – 1,350円
    • 塩つけ – 1,200円
  • 坦々麺
    • 汁無し担々麺 – 1,100円

丼もの、おつまみ、その他

  • ライス、丼もの
    • 半ライス – 150円
    • ライス – 200円
    • 肉めし – 300円
    • 坦々丼 – 350円
    • スタミナ丼(卵なし) – 300円
    • スタミナ丼(卵あり) – 350円
  • トッピング
    • 味玉 – 150円
    • 高級海苔 – 150円
    • 自家製メンマ – 200円
    • 特製 – 400円
    • 焼豚 – 300円
    • ワンタン – 250円
    • 昆布水 – 150円
  • おつまみ
    • 坦々豆腐 – 350円
    • おつまみメンマ – 250円
    • おつまみワンタン – 350円
    • バターポーク – 500円
    • 焼豚盛り合わせ – 600円
    • 鶏もも – 300円
    • 肩ロース – 300円
    • 豚ロース – 300円

飲みもの

  • アルコール
    • 瓶ビール(中瓶) – 500円
    • ウーロンハイ – 400円
    • 緑茶ハイ – 400円
    • 生レモンサワー – 450円
    • 酒 – 500円
    • 酒 – 600円
  • ソフトドリンク
    • 黒ウーロン茶 – 250円

券売機では現金のほか、電子マネーも使用でき、個人的にはこれがなかなかポイント高い。(メニュー内容や値段は記事作成時のもの)

流れとしては、まず、食券を買わず行列にならび、順番が来たらスタッフさんから声をかけられるので、列から離れ店内の食券機で購入。それをスタッフさんに渡し、また列に戻り、入店まで待ち続けるという感じ。

ならぶ場所はJR高架下になり、日陰なので日に焼けたり、雨が降っても濡れることはないのだが、それなりの時間ならぶことになるため暑さや寒さを感じるところではあるかもしれない。

実食

以下、これまでにいただいたラーメン(随時更新)

特製醤油 1,500円。味玉、鶏のチャーシューなど、やわらか

中細ストレート麺

自家製麵。煮干しのきいたスープ

特製塩 1,500円

スタミナ丼(卵あり)

行列にならぶことは必至なのだが、満足のいく価値あるラーメン。ここのラーメンを食べるためだけに秋葉原へ来てもいいのではないかと思う

予約・お店の情報

初日の混み具合からもわかるように、ほん田は常に大行列ができているため、なかなか気軽に食べに行くことはむつかしい。

そんな状況であったが、2022年6月12日、店頭にて「席予約のお知らせ」を確認。席の予約販売のようで、お子様連れやならびが困難な方向けに用意したとのこと。予約サイトから事前に席を購入。最大4名まで利用可能で2,000円

考え方だと思うのだが、観光で秋葉原を訪れた際、一時間近くをならぶことに費やすのはスケジュール的にとてもきびしい。それを4人で、ひとり500円でその待ち時間がなくなるのであれば、(計画的に利用するの目的であれば)ひとつの選択肢としてはありなのではないだろうか。

住所:〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-19
電話:070-7793-3979
営業:11:30〜15:00、18:00〜22:00、水曜日定休(別メニューで営業)
座席:カウンター5席、テーブル12席

場所は、JR秋葉原駅・中央改札口を出てすぐにあるヨドバシカメラ前の横断歩道を渡ってヨドバシカメラに入らず右側へ。その先にある高架下。だいたい行列ができているので、それを目印にすぐにわかると思う。

待ち時間は日によるが、日曜日など週末はだいたい一時間くらいの印象。平日なら三十分くらいだろうか。とにかくならぶことになると思うのでトイレなど済ませてからならびましょう。

関連リンク: