ニュー秋葉原センターに伝串の「新時代」秋葉原3号店がオープン。店名は「秋葉原電気街口店」となり、以下、秋葉原における新時代や店舗情報など

- advertisement -

- advertisement -

更新履歴

  • 2022/10/10 – 記事作成
  • 2022/11/11 – オープン日の延期に伴いタイトルほか追記・修正
  • 2022/11/20 – オープン日の延期に伴いタイトルほか追記・修正

目次

新時代とは

新時代(読み:しんじだい)は伝串(読み:でんぐし)というパリモチな1本50円の皮串が有名な居酒屋。

創業はブラジルの元プロサッカー選手・佐野直史氏だそうで「人は楽しいところに集まる」をスローガンに新時代を含む6ブランドを運営。

東京新橋、銀座、秋葉原などに加えて、横浜、北陸、西日本と全国各地で店舗展開。

この皮串がとにかくビールにあうのと値段の安さから人気というのもうなずける。

また、朝5時まで営業しているため使い勝手もいい。

秋葉原の新時代

秋葉原の新時代はコロナ禍において都から要請があった中でも営業を続けていたりと話題になったお店なのだが、秋葉原電気街口店はその3店舗目となる。

まわりのほかのお店が自粛してお休みしていたためか、営業している新時代には人が集まり入店待ちの行列ができていた。

隣のコンビニで買ったビールを片手に路上で飲みながら入店待ちする客の姿はとても印象深かった。

また、新時代は昭和通り側に秋葉原2号店となる店舗を2021年4月13日にオープンしたばかり。

秋葉原本店と2号店はいずれも昭和通りを渡った先になるため、今回の電気街口店は普段昭和通り側に行かない方にとって使いやすいお店になりそう。

すこし辛いタイプの伝串、ビールのおつまみにものすごく合う。

秋葉原電気街口店

オープン告知

ニュー秋葉原センター、開店前のようす。ネオン看板が残るどこか昔懐かしい建物。

ニュー秋葉原センターはJR秋葉原駅前・電気街口を出てすぐにあるホテルメッツ沿いにまっすぐ50mほど。

「秋葉原駅南」の信号を渡る必要はあるが、どれだけ酔っぱらっても駅までたどり着ける距離。

楊げ皮串発祥の店、新橋・新時代。秋葉原電気街口店 11/12(土)オープン

ドリンク全品、何杯飲んでも終日1杯88円

お隣には磯丸水産。

磯丸水産も夜遅くまで営業している居酒屋なのでにぎやかな場所になりそう。

オープン前日

オープン前日11/11のようす

とても翌日にオープンするお店とは思えない状態。

新時代の公式アカウントによるとオープン日を11/12→11/24に変更

これに伴い、ドリンク全品何杯飲んでも終日1杯88円のキャンペーンも11月24日(木)~11月27日(日)となる。

さらにその後

店頭の案内より

「2023年1月オープン」オープン日がさらに伸び、来年の一月に変わっていた。

もともと飲食店用の造りになっていないからなのか、かなり難航しているのが期間の伸び具合からも伺える。

店舗情報

場所は秋葉原の万世橋警察署前の通り、ニュー秋葉原センター

これまで昭和通り側にふた店舗あったが、電気街側にも新時代。おとなりの磯丸水産と一緒に電気街口を変えるのかもしれない。

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-16-10(Google Map
場所:ニュー秋葉原センター
電話:
時間:毎日17時~29時迄営業

関連リンク: