51年の歴史に幕。秋葉原のとんかつ冨貴が9月28日に閉店。昔ながらの雰囲気のある店内でいただくとんかつや秋の味覚・カキフライを食べられるお店の閉店となった。

- advertisement -

- advertisement -

目次

とんかつ冨貴とは

1964年にオープンしたそうで、お店が終わると常連のひとたちが飲んでいるようなお店でした。一見入りずらそうな雰囲気ですが、店内では三人のおばあさん・三姉妹がやさしく出迎えてくれる、そんな昔ながらのお店だったように思います。

閉店へ

閉店の案内

「この度、五十一年間という永きに亘り、皆様に親しまれ愛されて参りましたとんかつ冨貴は、都合により来る九月二十八日をもって閉店とさせて頂く事になりました。」

思えばよく不定期でお休みをされるお店で、その案内をよく撮影させていただきました。

閉店までのようす

雨の中、長い行列ができる。

行列は伸び、最後尾札まで登場

店内で見かけたまねきねこ

お店の情報

いまでいうと、まんだらけのある交差点の手前

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目11-11
電話:-
時間:11:30~16:00