コミケなどで上京しはじめて秋葉原に来られる方、東京都内・秋葉原では関わってはいけないひとたちがたくさんいます。この記事ではどんなひとたちが過去にいたのか、いま現在もどういったひとたちに気をつけなければならないのかを説明したいと思います。

- advertisement -

- advertisement -

目次

宗教勧誘

興味のありそうな内容で話しかけてきて、タイミングを見計らって宗教の勧誘をしてきます。

ちょうどポケモンGOが流行っていたころの話ですが、中央通りを歩いていると女性が「ポケモンGOご存じですか?やり方教えてください」などと言い話しかけてきます。何がわからないのか鼻息を荒くして話を聞いてみると、「ここでは落ち着いて話せないので別の場所に・・」という感じで誘導してきます。

これは・・なんていうかついて言ってはダメなやつだ。急いでいることをお伝えすると、ではこれだけでもと手渡されたのがこの新聞(電話番号入り)

免疫のないオタクへ容赦のない、おんなのこから「おしえてください」のお願いとお誘い。この世に神はいないのかと思わずにはいられない非人道的な勧誘・・いや彼女的には、このかたこそがその神のような存在なのだろう。

この新聞をもって話しかけてくるのが特徴です。秋葉原で行われるイベントなどひとが集まる場所に出没し、「今期アニメ何みてるんですか」「〇〇知ってますか?教えてください」などと声をかけてきて、しばらく会話したのちに「どこかでゆっくり話したい」「またお話ししたいので連絡先を知りたい」などと告げてきます。

最近では台風やコロナ禍でひとがすくないときにも見かけます。シャッターが閉まるような台風のとき駅前で声をかけられたときには驚きました。

コロナ禍の秋葉原中央通り

すこし調べると宗教団体の名前や過去の出来事が出てきます。また、お店でもよく「勧誘に気をつけて」という貼り紙を見かけます。信仰は自由ですが、秋葉原をたのしむためにはなるべく関わらないようにしたほうがよいでしょう。

高額絵画販売エウリアン

高い絵画をしつこく売りつけられます。

むかしはJR秋葉原駅・電気街口にもあったのですが閉店。現在は末広町駅ちかくに存在します。「絵をみていきませんか?」といい路上で女性の方が声をかけてきます。入店すると高額な絵画を勧められ、なかなか帰ることができず、なにかの間違いでローンなど組んで契約してしまうと何十万円もする絵画を買わされてしまいます。

よほど絵画に興味がある場合でない限り、入店することや声をかけられて反応するのは避けたほうがよいでしょう。

金色のお札を見せお布施をせびる偽僧侶

路地裏でタバコを吸いながら金勘定をする偽僧侶たち

手口としては金色に光る小判のような札を手渡してきて、見返りのお布施をせびってきます。主なターゲットは外国人観光客ですが、逮捕されたりしたようで最近ではほとんど見かけなくなりました。

「初摘発中国人押し売り『偽僧侶』背後に浮かぶ専門養成組織」東スポ

以前は駅前や中央通りでよく見かけました。偽僧侶のほかにも路上でものを手渡してきてお金を要求する外国人もいるため、基本的に向こうから何かを受け取るのはティッシュ配りくらいに留めておいたほうがよいでしょう。

よくわからない募金や詐欺

JR秋葉原駅・昭和通り口改札前にて

熊本地震のときなど災害があると駅周辺でよく募金活動をされるかたを見かけます。

いつもこの場所で募金活動をしているひとたち。災害が発生すると募金箱の名前が変わる印象。

すべての募金が詐欺であるとはおもいませんが、公共の機関に募金したほうがよほど確実に気持ちが届くと思います。

そのほか

中央通り、オノデン店頭にて

休日、歩行者天国で遭遇。日本国旗を手渡してお金を要求するという外国人のひと

おとこのひとだけでなくおんなのひとも一緒なのは警戒心をなくすためなのだろうか

さいごに

メイドの格好をして呼びこみが盛んにおこなわれている路地

そのほか、よく聞くのはぼったくりのコンカフェなどでしょうか。

ぼったくりの定義はわかりませんが、よくあるのはおんなのこの分のドリンク代が高額で、気づいたら事前にあった説明よりかなりの金額を支払請求されるケース。ほとんどのお店ではドリンクを入れてあげないとおんなのこが付かないためついつい頼んでしまうのだと思います。

それ目的で秋葉原へ来たわけでないのなら、そういう知らないお店には行かないほうがいいと思います。路上でかわいいおんなのこに声をかけられ、ときには困ったようすで「お願い」されてしまうとついて行ってしまう気持ちはわからなくもないですが、心を鬼にして突き進みましょう。

とりあえず思い浮かぶものを書いてみましたが、共通することは、基本的に向こうから話しかけられてくる系はすべてスルーするのがいちばんということです。

秋葉原には買い物やイベントなどに来ている方がほとんどだと思われるため、目的を最優先にほかの雑音には目もくれず突き進むのがオタクとしてもあるべき姿ではないでしょうか。

皆さんにとって秋葉原がよい場所でありますように。この記事がすこしでもその助けとなれば幸いです。